ホーム > 施工方法紹介

施工方法紹介

天羽塗装の施工の流れをフローチャートでご案内します。お見積もり段階から、準備、施工、アフターフォローまで、丁寧に1つひとつの工程を進めていきます。工事の進行状況が分かるように、毎日の工程をお客様に必ずご報告しますのでご安心下さい。

外壁再塗装工事の流れ

STEP1 足場仮設・飛散防止ネットの取り付け

スムーズに作業が進められるように、足場と飛散防止ネット(周囲に塗料が飛散するのを防ぐため)を設けます。

STEP2 高圧水洗

外壁全体を高圧洗浄することにより、塗料の付着が良くなります。また、汚れ・ホコリ・カビ・藻を除去することも出来るので、高い質の仕上がりには重要な一手間です。

STEP3 養生

塗料の付着防止のため、窓などの開口部にはビニールなどで養生をします。

STEP4 外壁 下地調整・下塗り

塗装では対処出来ない大きなヒビ割れや欠損部などを予め1つひとつ補修します。一番この補修が大事で、丁寧にこれを行わないとまた同じヒビ割れが起こってしまうのです。

STEP4 屋根 縁切りタスペーサー・下塗り

塗料の付着防止のため、窓などの開口部にはビニールなどで養生をします。

STEP5 外壁中塗り・上塗り

外壁塗装をしていきます。ローラーを使って、ご指定色の塗料を塗ります。なお、上塗りは2回、耐候性や耐久性を強化するために行います。

STEP5 屋根中塗り・上塗り

屋根塗装をしていきます。ローラーを使って、ご指定色の塗料を塗ります。なお、上塗りは2回、耐候性や耐久性を強化するために行います。中塗り、上塗りの色を、ご希望ございましたら変更することも出来ます。

STEP6 外部建具塗装

軒裏、雨樋、木部、鉄部などの破風部分の塗装を行います。
※あらかじめ、付帯部の塗装料金については見積書に含めております。追加料金をご説明無しに後日請求することはありませんのでご安心下さい。

STEP7 足場解体・清掃

外壁塗装が終わり、点検を済ませたら、足場の解体をします。
解体後は周辺を丁寧に清掃します。汚れやゴミは残しません。

タスペーサーとは

通気性確保や雨水排出のための溝が、屋根には元々あります。ですが隙間を塗装することによって塗料が溝を塞いでしまい、雨水が排出されずにいると雨漏りの原因となってしまいます。そこで塗装時に隙間を確保するため、縁切りという作業を行います。もっとも縁切りに適しているのが、隙間に挟む板状の器具・タスペーサーで、使用すれば従来よりも大幅に作業時間を短縮出来るのです。

お見積もりはメールフォーム・お電話・FAXよりご依頼ください。
料金・単価表についてはこちら

再防水工事の流れ(ウレタン塗布防水)

STEP1 既存防水層下地処理

膨れや亀裂の不具合が既存の防水層にないか点検して補修を行います。また全体の清掃も行っていきます。

STEP2 プライマー塗布

全体に密着性を高めるための材料を塗っていきます。

STEP3 防水1層目塗布、メッシュ貼り付け

ウレタンの防水層を塗布しながら補強の為のメッシュシートを貼付けていきます。

STEP4 防水2層目塗布

ウレタン防水の仕上げ塗りです。メッシュが見えなくなる様に塗布していきます。

STEP5 トップコート

紫外線にウレタン防水層は弱いため、保護のトップコートを塗っていきます。

お見積もりはメールフォーム・お電話・FAXよりご依頼ください。
料金・単価表についてはこちら

シーリング打ち替え工事の流れ

STEP1 既存シーリング撤去

経年劣化で亀裂が入ったり、硬化した既存シーリングを撤去していきます。

STEP2 プライマー塗布

外壁とシーリングの密着をよくするための材料を塗っていきます。

STEP3 新規シーリング打設

新規にシーリングを打設し、平らにならして完成です。

お見積もりはメールフォーム・お電話・FAXよりご依頼ください。
料金・単価表についてはこちら

窓フイルム工事、屋根ふき替え工事

只今準備中です

▲このページの先頭へ