ホーム > 塗装工事でよくあるトラブル

外壁塗装のよくあるトラブルと天羽塗装の対応策

しばしばトラブルも起こっているのが外壁塗装の工事現場での実情です。工事にトラブルはつきものとも言えばそれまでですが、千葉県袖ヶ浦市の外壁塗装業者【塗装の天羽塗装】ではそうしたことがないよう、事前にしっかりご調査や説明、準備を行っています。こちらのページでは、よくあるトラブルと天羽塗装の対応策についてご紹介します。

近隣の方から、外壁塗装の工事中「うるさい」と苦情を受けた

どうしても作業の音が工事中は発生するもの。それを近隣の方が把握されていないことが原因かもしれません。

天羽塗装ではこう対応しています!

近隣の各ご家庭への事前の挨拶回りはもちろん、現場付近を通行される皆様への挨拶、職人のマナー教育の徹底などをきちんと行います。工事の情報をあらかじめ周知することよって、近隣の皆様にご理解を頂いてから施工を始めるので、騒音関連でトラブルに発展することは殆どありません。

外壁塗装前の高圧洗浄中に、部屋や人に水が掛かってしまった

高圧洗浄中は勢いよく水が飛散するので、不意に部屋に入ってしまったり、人に掛かってしまうこともあります。

天羽塗装ではこう対応しています!

周囲をきちんと洗浄前に確認し、常に注意を払いながら洗浄を行います。きちんと養生も行いますので、水の飛散によって部屋が濡れたり汚れたりすることはありません。ただし、何ごとも「100%ない」とは言い切れないもの。そういったトラブルが万が一生じてしまった際には、お詫びを誠実にし、工事保険できちんと対応致します。

外壁塗装中に塗料が人や建物に付着してしまった

不要なところに塗料が飛散しないよう、作業中はきちんと養生を行って塗装を行うのが基本ですが、それでも、人や建物への飛散は時々起こってしまうアクシデントです。

天羽塗装ではこう対応しています!

洗浄時と同様、きちんと周囲を確認しながら塗装を行うことでトラブルのリスクを低減することが可能です。きちんと養生も行いますので、塗料の飛散によって人や建物を汚すことはありません。万が一そういったトラブルが起きてしまったときには、工事保険できちんと対応を行い、責任をもって対処致します。

塗料のニオイが気になる

塗装工事にニオイはつきものです。美しい見た目を保つために、我慢していただかなければならないことも多少はあります。とはいえ、どうしても気になるという方、体調不良になってしまう方もなかにはいらっしゃいます。

天羽塗装ではこう対応しています!

気になる方にはニオイの少ない水性塗料をおすすめしています。ニオイについては事前に確認をさせていただいていますが、どうしても気になる場合は、塗装のタイミングを考えたり、時間帯を相談させていただいたりすることも可能です。お気軽にご相談ください!

保証書を書面でもらえない

口約束で保証を約束されたとしても、書面がなければ具体的な保証内容がわからず、またいざというときに「保証対象外」とされてしまう可能性も出てきます。実際、保証書がなくて泣き寝入りするしかなかったというケースもあったようです。

天羽塗装ではこう対応しています!

事前にお客様と内容を確認し、施工後には必ず保証書を発行します。品質には徹底的にこだわりますが、万が一トラブルや不備があっても安心です。例えば防水工事ではメーカー保証も当社保証も含め、10年の保証し、安心の施工をご提供します。

施工中に泥棒に入られた

塗装工事中はネットで家を囲むため、外から見えにくくなり、泥棒に入られるケースがあります。

天羽塗装ではこう対応しています!

施工中に外部から人の侵入することの無いよう、常に注意しながら工事を進めます。昇降足場に扉を付けて施錠します。また、状況によりセンサーライトを設置し夜間の人の侵入にも注意しています。

塗装の出来がイメージと違った

見積もり段階でサンプル写真を見るのと実際に塗られた壁を見るのとでは、イメージが異なってしまうことは時々あります。たとえいくら塗装が丁寧だったとしても、施主様は満足できないでしょう。

天羽塗装ではこう対応しています!

このようなイメージのすれ違いがないよう、あらかじめ色見本でご確認していただいたり、塗装サンプルを手に取ってもらったりしています。場合によっては、実際に塗装したお宅を見学していただき、イメージを固めるのに役立てていただくこともできるので、こうしたトラブルはほとんどありません。万が一、どうしてもご納得いただけない場合にはご相談ください。

▲このページの先頭へ